9月24日(火) 岡山市北区K.I様邸手塗り4回

皆様こんにちは(^O^)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

岡山の外壁塗装専門会社 ジー・ペイント㈱です。

本日はとても立派なK.I様邸の外壁塗装工事の模様です。

塗装作業状況

こちらは、塗装する前の状況。

岡山市北区K.I様邸 塗装前状況 

 

 

外壁の上部と下部とで、

あまり色の濃淡がはっきりしていないです。

 

 

 

岡山市北区K.I様邸 下塗り2層目段階

 

 

入念にヒビ割れを補修した後、

下塗り2層目の状況です。

 

 

 

蔵の外壁下地は、アクリルスキン。和風のお宅には、よくある外壁材です。

アクリルスキンとは

アクリルスキンは、正式には外壁合成樹脂エマルション系薄付け仕上塗材というんです。少し長い名称ですが、、、。簡単に言えば、骨材が入った塗材を吹付で仕上げてあるんです。

しかし、この塗材下地を塗り替えするには、結構大変なんです💦

年数を経て表面が劣化してくると、骨材が密着していなく、手で触るとぽろぽろ落ちる…。ただ塗れば良いという訳ではありません。

ジー・ペイントでは、豊富な知識と経験から、下塗りを2種類用います!

まず、下地表面を固めるために、下塗りその1!シーラーを用います。この下塗りは透明ですから、表面から浸透させて固める。そんな役目です。

そして、十分に乾燥させた後に、下塗りその2!アンダーフィラーを塗布します。この塗材は白色で、シーラーと違い、微弾性で膜厚がつきます。

この2種類の下塗り材を用いることで、塗替え後に塗膜がふくれたり、剥がれたりといった現象を防ぐ事となります。

2層塗った後に中塗り、

岡山市北区K.I様邸 外壁中塗り完了

 

 

 

中塗り完了

 

 

 

岡山市北区K.I様邸 上塗り完了

 

上塗り完了と、色付を2回致します。

 

 

 

 

ということは、、、、、

下塗り2層中塗り上塗り計4回塗りです☺

ご覧の通り、色の濃淡がはっきりして、ハイセンスな蔵に様変わり!

豊富な知識と、確かな技術で、ジー・ペイント㈱はお応えします。

自社施工100%1級技能士確かな施工なら、ジー・ペン!にお任せください(*^-^*)