2018.8.18 某企業様 外部塗装防水工事(塀)

皆さんこんにちは☀️

いつもブログをご覧いただきありがとうございます☺️

岡山の外壁塗装工事会社ジー・ペイント(株)です。

某企業様の外部塗装防水工事も、いよいよ塀の塗替え工事に掛かっています!

皆様、お家の塀で、塗膜が膨れたり、剥がれたりでお困りではありませんか?

ふくれや剥がれの原因で一番に考えられるのは、笠木(一番上の部分)からの浸水が考えられます。

笠木の部分は、壁面と違って匂配がありません。なので当然凹凸などに水が溜まったりします。

長時間、雨水や湿気にさらされますと、当然下の部分に伝わってきますよね。

ですから、写真の通り笠木天端の部分にウレタン塗膜防水を行っているところです。

まずは、下地調整(モルタル系下地調整材)→密着をよくするためのプライマー

ウレタン塗膜防水材(二回塗り)→トップコート塗り。

こういう流れになります。

写真は、下地調整からプライマー→そしてウレタン塗膜防水材の施工状況です。

きっと上からの浸水も収まるはずです!

トップコートまで塗ると、次は塀の塗装となります。

笠木は通気性より防水性。

塀は防水性より通気性です。

塗料にも様々な種類がございます。用途を熟知した専門家に依頼することがベスト❗️です😊

ジー・ペイント㈱は塗料の知識・用途を熟知した専門家集団です😉

お問い合わせは何なりと…お申し付け下さい

☎0120-967-707