外壁チェック

【外壁 編】

①艶がなくなる

外壁の艶がなくなる

塗膜のツヤが無くなることです。艶消し塗料を使えば始めからツヤがありませんが、ツヤがある塗料でも徐々にツヤがなくなっていきます。


②退色・変色

外壁 変色

「退色」は彩度が小さくなる、または明度が大きくなる、あるいはその両方で、長期間の間に徐々に起こる現象をいいます。
「変色」は塗膜の明度、色相、彩度のどれか一つ以上が塗膜の短期間で変化して、ほかの色に変わってしまうことをいいます。


③白い粉がつく(チョーキング現象)

外壁チョーキング現象

チョーキング現象の原因は、塗装の表面が紫外線や熱、雨風などによって劣化が起こり、塗料の成分の顔料が劣化し、チョークのように粉状になって消耗してしまうのです。



④藻・苔

外壁 苔

コケや藻は陽の当たらない家の陰や、北側で多く見られ、垣根や植え込みの近くでも発生します。日陰や結露の多い場所で発生しやすいのです。


➄ひび割れ

外壁 ヘアークラック 外壁 乾燥クラック

ヘアークラック(画像左)塗膜性能の経年による低下で、素地の膨張収縮に絶えられなくなり、塗膜にひび割れが生じたものです。

乾燥クラック(画像右)モルタルなどの湿式工法による外壁材は、その乾燥過程で、水分の蒸発などによりヤセ(収縮)が生じ、ひび割れが起こります。



⑥ 塗膜の剥がれ・膨れ

塗膜の剥がれ 塗膜の膨れ

剥がれ(画像左)・膨れ(画像右)塗膜が劣化してくると塗膜が剥がれる可能性があります。外壁の劣化症状として、チョーキング現象が有名ですが、その状態で放置していると、塗膜の浮きや剥がれが発生する可能性があります。


⑦コーキングの劣化

コーキングの劣化

シーリング(コーキング)は、痩せ、変形、軟化、変色、ヒビ割れ、剥離、破断などの劣化症状があります。劣化の原因は様々ですが、太陽光を浴びたり、雨風に晒されたり、地震の時に建物が揺れる時に力が加わるなどの原因で劣化していきます。痩せたシーリングをそのままにしておくと、さらに劣化が進み、ヒビ割れが発生しサイディングボードとシーリングの間に隙間ができ、雨水が侵入する原因になります。


どんなお悩みでもご相談ください。

診断したうえで適切な対処法をお答え致します。

お問い合わせ